​会社案内

​ごあいさつ

​弊社は昭和38年の創業より、様々な紆余曲折・淘汰の時代を経験しながら、ものづくりに対する研鑽を重ねて参りました。

多くのお客様にご信頼をいただき、もうすぐ創業60周年を迎えることになります。

これまでのご愛顧心より感謝申し上げます。

私は平成30年1月1日より代表取締役を拝命いたしました。

ろう付や熱処理には欠かせない工業炉を設計・製作するメーカーでの実務経験を活かし、お客様のニーズをくみ取りながら仕事を進めて参りました。

​そして一企業のリーダーになり、自社の現ポジションを知り、時代の流れに常に敏感でいられるかということがいかに大切かを痛切に感じております。

​ものづくりは変革の時代を迎え、経営環境はますます厳しくなっており、理想の実現性は日々難しくなっています。弊社は独自のミッション・ビジョン・バリューを掲げ、瑞芳産業に関わる皆さまが幸せになれる会社づくりを目指していきます。

 ミッション

■瑞芳産業に関わる全ての人に利益と恩恵をもたらします。

 ビジョン

​■ろう付・熱処理に関わることはできる限り何でも挑戦し、お客様が求める価値を、全ての関係者に最適な形にして提供します。

■生産技術・情報技術・AI技術の進展が生み出す恩恵を積極的に享受し、同時に人の手が直接関わる技術研鑽にも積極的に取り組みます。

ミッション

​MISSION

ビジョン

​VISION

バリュー

​VALUES

存在意義

ありたい姿

行動指針

 バリュー

■利益・コスト的見地を最優先

​⇒高品質・短納期を目指すことは、お客様から信頼と信用を得るため、また安全なものづくりを実現するために非常に重要なファクターですが、無論、より高いレベルを目指すにはコストがかかります。

現実に合ったコスト管理による「適正な利益の創出」という土台があってこそ、会社の体力が増し、より高いレベルの仕組みづくりに挑戦できます。

無碍に企業の体裁を美化せず現行のビジネスとは何かを理解し、常にコスト意識を持ちながら仕事に取り組み、企業の利益が公共の利益に帰することを忘れず、社業に取り組みます。

■変化の波に乗る

⇒時代が急速に変化していくなか、変化に対する無関心や諦めがあっては企業の成長は絶対にありません。

常にポジティブに、変化の波に乗る経営を目指します。

​代表取締役 小嶋 肇

​会社概要

取引銀行

従業員数

社名

URL

所在地

TEL

FAX

設立

資本金

決算期

代表取締役社長

従業員平均年齢

主な事業内容

 

瑞芳産業株式会社
https://www.zuihoe.com
〒491-0057愛知県一宮市今伊勢町宮後字郷東15
0586-45-4581           
0586-45-4583
昭和38年8月13日
1000万円
12月
小嶋 肇
​34歳
自動車、家電製品、電動工具、工作機械などの部品加工
 

三菱UFJ銀行一宮支店 十六銀行尾西支店 大垣共立銀行尾西支店 いちい信用金庫一宮支店

約50名

​弊社加工部品のエンドユーザー様

アイシン・エィ・ダブリュ株式会社

株式会社デンソー

株式会社マキタ

トヨタ自動車株式会社

​パロマ

本田技研工業株式会社

マツダ株式会社

三菱自動車工業株式会社

三菱重工グループ

​沿革

昭和38年8月
昭和40年10月
昭和49年9月
昭和55年7月
昭和61年4月
昭和61年4月
平成2年9月
平成4年8月
平成10年7月
平成13年10月
平成18年10月
平成18年12月
平成21年10月
平成24年6月
平成27年2月
平成27年5月
平成28年3月
平成29年6月
平成30年1月
​令和元年
会社創立
資本金1000万円に増資
金属加工部門操業開始
連続式ろう付炉 導入
連続式ろう付炉(現1号炉) 導入
ろう材用コイリングマシン 導入
連続式ろう付炉(現2号炉) 導入
連続式ろう付炉(現3号炉) 導入
高周波誘導加熱装置 導入
新事務所棟完成
西工場増築完成
​連続式ろう付炉(現4号炉) 導入  
​リーマン・ショック以前の売上を回復
西工場リニューアル
​小嶋 肇が常務取締役に就任
HPリニューアル
連続式水素炉 導入
ISO9001 2015 認証取得
小嶋 肇が代表取締役社長に就任
​新工場竣工​

​量産・試作のご相談など、まずはお気軽にお問い合わせください

 0586-45-4581

​ 〒491-0057

​ 愛知県一宮市今伊勢町宮後字郷東15

​   0586-45-4581

© 2021  ZUIHO SANGYO