「どこよりもきれいに!美しく!」を大切に

          技術研鑽に取り組んでいます。

 

鉄・銅系金属のろう付・熱処理加工

– 連続式無酸化炉 –

この設備でできる加工種

 

鉄系母材の銅ろう付

銅系母材と鉄系母材のリン青銅ろう付

銅系母材と鉄系母材の青銅ろう付

銅系母材の銀ろう付

銅系母材のリン銅ろう付

鉄の光輝焼鈍・銅の光輝焼鈍

​その他鉄系・銅系母材のろう付

ステンレス鋼のろう付・熱処理加工

– 連続式水素炉 –

この設備でできる加工種

ステンレス系母材のニッケルろう付

ステンレス系母材の銅ろう付

ステンレス系母材の青銅ろう付

その他ステンレス系母材のろう付

オーステナイト系ステンレスの固溶化熱処理

水素ガスは極めて強い還元作用があるため、わずかな雰囲気に転化するだけで、

ろう付する金属表面の酸化膜などを除去してくれます。

雰囲気中のO2だけでなく、処理剤の酸化スケールも強力に還元します。

また水素が金属中に入り込み脆化するので硬くなり、

光輝な仕上がりを実現します。異種金属接合が可能です。

ろう付の仕組み

炉中でろう付する際は、炉内の雰囲気ガスとして

[水素ガス][DXガス]などの還元性ガスや、

[窒素ガス][アルゴンガス]などの不活性ガスを使用します。

DXガスは発熱型変成ガスとも呼ばれ、

プロパン・ブタンなどのガスを変成し作られます。

酸化鉄をDXガス中で加熱すると、

水素と一酸化炭素が酸化鉄と反応し還元反応が起こります。

酸化鉄から水素と一酸化炭素が酸素を奪い、

それぞれ水と二酸化炭素になり、酸化鉄は鉄に戻ります。

十分な還元雰囲気中で熱処理することにより、

濡れ性が良くなり良好なろう付等の加工が行えるだけでなく、

酸化による変色を防ぎ、輝きのある製品を生み出すことができます。

ろう付強度について

ろう付したい母材に対して、適切な

「ろう材」「すきま管理」「継手形状」

を決定することにより、非常に強い接合強さを得ることができます。

母材より柔らかいろう材で接合し、図のように引張った場合、

ろうの横方向の収縮が硬い母材に阻止されるため、

接合ぶのロウには

外側に引張られるような力(α1) が働きます(三軸応力状態)。

そのため、ろうは変形しにくくなり強度がますこととなります。

条件が揃えば、引張試験で母材破壊になるほどの結果が得られます。

量産・試作・設備の時間貸など、まずはお気軽にご相談ください。